読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋の終わりに「鶏鳴山」

 

暑いので早立ちで午前中に駐車地に戻る。
しばらくぶりの「鶏鳴山」
5時間から6時間の所要時間。中山を入れれば8時間のコース取りも可能。
遠出が出来ないときはこの山で、体力の維持(UP)を保っている?

夜半に結構の降雨があったようで、沢水は音を遠くまで響かせていた。
やはり勢いが良いということは、人も沢も生き生きしていてうれしい。
林内に咲く花も色を濃くして、少し照らしているようにも見える。
ホトトギスも暗闇から灯りを放っていた。

尾根に出るとススキの穂も風になびき、なんとなく気持ちを落ち着かせてくれる。
赤トンボがカメラeyeに入りシャッターをきった。
尾根から一歩足を入れると、秋のキノコもちらほら顔を出している。
急登に息を弾ませ、首筋から流れる汗も一瞬の東風に潜む。

もう暑い夏は終わりかな、、、秋は秋で山も良いが、、まだ「あつい夏」であってほしい。

f:id:runrun1947:20160917085451j:plain

遠望「鶏鳴山」

 

f:id:runrun1947:20160917085944j:plain

625.2ピーク尾根の手前からの縦走路 P815峰が見える

 

f:id:runrun1947:20160917090517j:plain

約4時間で「鶏鳴山」 625.2経由

 

 

f:id:runrun1947:20160917090609j:plain

あいにく日光方面はガス 三角山が「鳴き虫山」

 

 

f:id:runrun1947:20160917090725j:plain

古賀志山遠望

 

f:id:runrun1947:20160917090804j:plain

帰路 昨夜の雨で沢水が勢いを増す

 

f:id:runrun1947:20160917090856j:plain

登山口近くの滝

 

 

f:id:runrun1947:20160917090953j:plain

双子のイグチ系キノコ

 

f:id:runrun1947:20160917091042j:plain

キンミズヒキと蜂

 

f:id:runrun1947:20160917091126j:plain

ツリフネソウ

 

f:id:runrun1947:20160917091153j:plain

夏の終わりに、、